大津いちご園のこだわり

大津いちご園TOP >> 大津いちご園のこだわり
携帯電話からもお店の情 報をご覧いただけます。下のQRコードを携帯電話 で読み取って下さい。
QRコード

大津さんのいちごが美味しい訳

電子エネルギー水散布

空気中のマイナスイオンを高め、苺の光合成を活発にし、苺の健康と安全性を高めます。
大津さんのいちごが美味しい訳
炭を土の中に混入して土壌水を浄化し、苺がきれいな水を吸収します。
また、土の中のガスを吸収して微生物の活動を良くし、根の働きを促進させます。
大津さんのいちごが美味しい訳
炭素埋設といって、地球の磁場を高め、人にも植物にも良い環境をととのえます。
大津さんのいちごが美味しい訳
一番大切なのは作る人の心。
どんな気持ちで作物に接しているのか、作物が一番良く知っています。
それが味となり、健康となります。
大津さんのいちごが美味しい訳

いちごの品種

さがほのか

形がよく、光沢があります。
3月頃からさらに味が良くなります。
酸っぱさがなく、すっきりとした甘さで食べやすい品種です。
さがほのか

ひのしずく

熊本で選抜されたデリケートな品種で酸味が少なく、「とよのか」よりも糖度が高いです。
食べた後まで続く香りと甘さで、当園で一番人気の種類です。
ひのしずく

紅ほっぺ

ほっぺが落ちるほどにおいしく、鮮やかな赤い果実であることからその名前がつけられた、紅ほっぺ。
芳醇な香りと、上品な甘さが特徴です。
紅ほっぺ

とよのか

つやのある鮮やかな赤色で、香りが高く日持ちの良い品種です。
甘味と酸味の両方に富んでおり、いちごらしい甘酸っぱさが楽しめます。
とよのか